手軽にアンチエイジング効果を獲得できます

筋肉を縮小させたい

鏡を見る女性

費用と施術の内容を知りたい

副作用が少ないとされているボトックス注射を受ける場合、どれぐらいの費用がかかるのかが気になるところです。副作用が少ないんだから、費用もそれなりにかかるに違いないと考えている人もいますが、実はそれほど高くありません。ただ、ボトックス注射といってもいくつかランクがあり本当に品質が良いものならば一本当たり2万円ぐらいわかります。それ何に全国的に有名でしっかりしている美容整形外科などは行えば、それぐらいの費用になるものです。ボトックス注射の本数がどれぐらいになるかは、その人の状況によって変わってきます。例えば、ボトックス注射を利用して小顔にする場合には両方のほほの部分に一本ずつ打ってきます。最初から二本ずつ打つようなことはあまりありません。なぜかといえば、副作用が生じてしまうからです。あまりにもたくさんの注射を一度にすると、あごの筋肉が完全にマヒしてしまい口を閉じることができなくなるでしょう。口を閉じることができなければ、話すことができないだけでなく食事をすることもできなくなります。また、見た目も決して良いものではありません。そのため、病院側としては、まずは一本ずつ注射をしていきそれで効果があれば終了ですが、数日経過しても効果がない場合にはさらに注射をしていくことになります。4本注射した場合、ある程度質の良い製剤を使っている場合は8万円から9万円ぐらいのお金がかかると考えてよいです。ただ、世の中には安い製剤を使っているようなところもあり、効果は薄いですが1本あたり5000円未満で注射することができます。

ボトックス注射の費用ですが、副作用が出ないレベルのものならばそれなりにお金はかかります。1本あたり1万円以上のものならば安心して利用できるでしょう。ボトックス注射は、顔の大きさや筋肉が太くて悩んでいる人に対して有効です。例えば、顔にエラが張っていて大きく見える場合があります。特に女性の場合は、小さな顔ほど男性からもてるとされていますのでエラが張っていることに対し強いコンプレックスを持っている人もいます。このような場合、昔ならばエラ削りを行うのが主流でした。エラ削りは現在でも行われていますが、副作用も大きいためこの方法が採用されることはあまりありません。横から顔を見た時にあごが小さく見えるものの、正面から見た時にはそれほど大きさが変わっていないのも昔に比べて施術をする人が減った理由になります。そこで最近はボトックス注射を利用することが多くなりました。副作用が少ないだけでなく、わずか5分程度で終了するからです。注射を打った瞬間に顔が小さくなるわけではないものの、三日程度経過すれば一回り小さくなっていることができるでしょう。当然顔が大きな人はその分だけ高い満足感を得ることができます。一方で、ふくらはぎにボトックス注射を打つ人もいます。これは、女性に多い傾向があります。女性は細い足を目指している人が多いため、ふくらはぎの筋肉が発達している人はコンプレックスを感じている可能性が高いです。この場合、ふくらはぎにボトックス注射を打つと一回り細くなるため悩み解決の方法としては副作用も少なく非常に有効といえるでしょう。